fbpx

時間とお金の感覚 〜生活を共にする相手とのズレを確認すること〜

時間とお金の使い方には3つあると言われています。
それは、『1浪費』『2消費』『3投資』です。

「浪費」は、お金の無駄、時間の無駄という使い方があります。
行きたくもないのに断れず行った飲み会などは、お金も時間も無駄ですね。
衝動買いしてしまったドレスは、着て行く場所もなく着る機会もない。

「消費」は、生きて行くために必要なものです。
日常生活で必要な生活を維持するためのお金と時間の使い方。

「投資」は未来のために使うという考え方。
株や金など将来の自分の利益につながるという意識で使うもの。
自分自身のスキルアップのために勉強したり資格を取ったり、本を読んだり、健康のために運動をすることなどの自己投資。

「浪費」「消費」「投資」の3つのバランスをうまく取り、たまには浪費すると決めてお金や時間を使ってストレス発散することもいいですね。

この3つのバランスのとり方でお勧めしたいのが、『私のお金の使い道』を月単位で書き出し、グラフにしてみるということ。

居住費や水道光熱費や食費などは「消費」、他は何にどれくらい使っているかというふうにグラフにつけると1ヶ月でどんなお金の使い方をしているかわかります。また『私の時間の使い道』として、仕事がある日と休みの日の時間の使い方をそれぞれグラフにつけてみると時間の使い方の癖も見えきます。

ダラダラと過ごす無駄な浪費があれば、自分を磨くための投資にお金と時間を使うことに変えてもよいでしょう。

自分自身がどのようなことに重きをおいているのか自覚すること、生活を共にする相手との「お金と時間の使い方の価値観」が大きくズレていないことが大切です。

また、生活を共にするお相手の収入が多くても、趣味や娯楽に出て行くお金がとても多ければどうでしょう。
収入がそんなに多くなくても、持ち家でローンもなく、周りに住む農家さんからいつもお野菜などをもらっていて食費がかなりういているとしたら、年収だけでは判断できない部分も出てきます。
女性は年収を気にして男性を見ることが多いと思いますが、現代は「いかに自分と同じ感覚でお金と時間を使い、一緒に生きていってくれるか」をみることが大切と言えそうです。

関連記事

  1. まずは、第一印象をクリアするために〜男性編〜

  2. 人が持っている3つのフォルダ

  3. まずは、第一印象をクリアするために〜女性編〜

  4. 結婚相手の条件や男女が担う役割を見直す時代へ

  5. 目指す人生を手に入れる『デパートの法則』(1)

  6. ライフデザインはじめの一歩 〜 人生を最期の日から逆算でイメ…

PAGE TOP