『幸せ』ってなに?(1) 〜自分の「快」と「不快」を知ること

人はどのような状態のとき『幸せ』だと思えるのでしょうか。
『幸せ』の判断基準は人それぞれの考え方や価値観が違うので正解不正解はありませんが、LMO(エルモ)では、こう定義しています。

『幸せ』とは自分にとって

「ああ〜なんかいいなぁ」
「楽しいな」
「心地いいなぁ」
「ウキウキする」
「ワクワクする」
「嬉しい!」

などという【快】を感じる時間が

「いや〜ホント嫌!」
「助けてほしい」
「居心地悪い」
「逃げ出したい」
「どうにかしてほしい」
「無理!!」

などの【不快】を感じる時間を上回っている 快 〉 不快 の状態のこと。

自分にとってどのような 場所・人・こと・気持ち が【快】なのか【不快】なのかを知ることは、常に自分を「幸せ」と感じる状態にするために大切なことです。

こらからの時代は「イエス」だけではなく「ノーはノーだ」と言える人が選ばれていくようになっていきます。

ですが自分にとって何がノーなのかわからないのにノーは言えないのです。
まずは自分の【快】と【不快】を知ることから始めてみましょう。

関連記事

  1. まずは、第一印象をクリアするために〜女性編〜

  2. ライフデザインはじめの一歩 〜 未来をデザインする。

  3. マリッジスタンス(1)〜結婚に対する距離感〜

  4. 結婚相手の条件や男女が担う役割を見直す時代へ

  5. 時間とお金の感覚 〜生活を共にする相手とのズレを確認すること…

  6. 『幸せ』ってなに?(2) 〜パートナー選びの秘訣は「快」と「…

PAGE TOP